2013年03月09日

Deal Extremeの配送の遅れ

DX(DealExtreme)の配送の遅れが甚だしく……(笑
(2013/4/1 追記)

4つの注文の遅れ具合をメモ
-----------------------------------
2/3注文

2/6
Thanks for choosing DX, your order is being processed.
のメール

2/22
DXから”Shipping”したメール

2/27
Departure from outward office of exchange
のシナポストのEMSの表示

以後国内EMS表示
2013/03/15 13:46 国際交換局に到着
2013/03/16 09:00 通関手続中
2013/03/16 10:49 国際交換局から発送
2013/03/16 20:59 配達局到着
2013/03/17       受け取り

------------------------------------
2/12注文

2/16
Thanks for choosing DX, your order is being processed.
のメール

3/1
DXから”Shipping”したメール


以下シナポストEMS表示

Collection   荷物受付     2013/03/02 1951

Departure from outward office of exchange 国際交換局出発! 2013/03/10 1214
Opening                        荷物開封?     2013/03/10 1244
Opening        またもや開封? 違法なものじゃないって 2013/03/25 2217
Departure from outward office of exchange今度こそ、出発! 2013/03/26 1042
NULL                       へ?!無くした?    2013/03/31 1310
NULL                       やっぱり無くしたの? 2013/04/01 0938
NULL                      もう出てこないの?  2013/04/01 1553

(4/1現在、まだ日本に着いていない(日本郵便のEMSの表示は"国際交換局から発送"のまま))

------------------------------------
2/27注文

3/2
Thanks for choosing DX, your order is being processed.
のメール

3/4
DXから”Shipping”したメール

3/7
Departure from outward office of exchange
のシナポストのEMSの表示

3/13
成田国際空港郵便局に到着(日本郵便EMSの表示)

2013/03/14 09:00 通関手続中
2013/03/14 11:49 国際交換局から発送
2013/03/14 20:43 配達局到着
2013/03/15       受け取り


------------------------------------
2/28注文

3/3
Thanks for choosing DX, your order is being processed.
のメール

3/9
DXから”Shipping”したメール

シナポスト、日本郵便ともに”該当番号無し”の表示

3/22突如配達される

------------------------------------
春節あけから、DXの仕事は早くなっているものの、

チャイナポストの仕事の遅さ、メチャクチャ度合いは、どうしようもない。

China Post仕事しろ!

2010年12月19日

ip4700の廃インクタンクエラーリセット

キャノンのip4700プリンタのリセット
(廃インクタンクエラーのリセット)

#IP4600やip4700は、
#インクタンクエラーリセットが本体だけではできなくなっていて、
#ソフトウェアの使用が必要です。


廃インクタンクのエラーは、リセットを多用すると・・・大惨事w
全て自己責任でお願いいたします。


#CANONさん、まずかったら消すので言ってね。

まず、ツールのダウンロードが必要で、
ServiceTool_1050.zipってのを、検索して探します。

一応、こちら↓に置いときますが、
Service Mode Tool Version 1.050
関係者のかた、まずかったら、言ってください。

これを解凍しておいて、


次に本体のメンテナンスモードへの切り替え。

電源切っている状態で
リセットボタンを押しながら電源ボタンを押す。
電源ボタンを離さない(押しっぱなしで)で、リセットボタンを離す。
リセットボタンを2度押す
そして、ここで初めて電源ボタンを離す。

これで、本体は、メンテナンスモード突入。


#パソコンからは、別の機械が接続されたように見えるけど、無視する。

そしてさっきのツールを動かし、
Ink Absorber Counter を  Mainと 0 にして、Setを押して、
「A function was finishied」と出ればカウンタリセットが完了


くれぐれも、自己責任で……w

2009年05月04日

CTRL + XFER

CTRL + XFER
”コントロール + エックスファー”

98やエプソンの互換機で、
日本語入力FEPを呼び出す時に使っていたキーです。

自分も”パソコン”なる言葉がなかった頃の、
FM-7の頃からのユーザで、
日本語入力環境もいろいろ経験しています。

でも、
今は、すっかり”左上の漢字キーひと押し”に慣れています。

ATOKの変換精度も当時はヘタレ全開でした。


連文節カナ漢字変換が初めて出た大学院生当時、
私が長々と文章を打ち続けて、なかなか変換キーを押さないのをみて、
助手先生が、『なんで単語ごとに変換しないんだ!不効率だろ!』と、
指摘していたのを昨日のように思い出します。

前後の文脈や前後の単語から変換精度を上げることが当時の革新的技術だったんですね。

しかし逆に携帯電話で入力するようになると、
単語ごとに変換するようになった気がします。

#一度に表示できる単語数が少ないというのもあります。
#文章さえも予測する自動変換機能があることもあります。